低体温とは?

さまざまなメディアで紹介されています。低体温というからには、何かと比べて低い体温という意味であるので、

その何かというのが基準となるもの、つまり標準の体温と比べて体温が低いということを言っているのであるけれども、

その標準の体温が36.5℃ということになる。問題は標準体温からどれくらい低いかによっていろいろと変わってくる

ことになる。逆に高体温ということばはあまりというかほとんど聞かないことばのようであるが、低体温があるので

高体温も存在する。高体温は、36.5℃以上あるということになる。

関連記事