#カプサイシン

カプサイシン (capsaicin) はアルカロイドのうちカプサイシノイドと呼ばれる化合物のひとつ。唐辛子の辛味をもたらす主成分で、辛味の指標であるスコヴィル値における基準物質。

脂溶性の無色の結晶で、アルコールには溶けやすいが冷水にはほとんど溶けない。痛覚神経を刺激し、局所刺激作用あるいは辛味を感じさせ体を温め血行を促進するので、冷え性や肩こり改善に役立つとされる。体内に吸収されたカプサイシンは、脳に運ばれて内臓感覚神経に働き、副腎のアドレナリンの分泌を活発にさせ、発汗及び強心作用を促す。

カプサイシンが摂取されると、中枢神経を刺激しホルモンの分泌を促進、エネルギー代謝を活発にして体脂肪分解の働きがあるため肥満予防に効果があるとされる。また、カプサイシンには胃液の分泌を促進し消化を助けたり、胃液を調節して胃潰瘍を治す働きがあるとされる。

関連記事