#運動不足

人体最大の臓器といわれる肝臓は、体重の約60分の1で、1キログラムくらいしかない。
それよりも大きい器官が実は筋肉であり、男性の平均体重の約45%(女性は約36%)も含まれている。
この筋肉から人間の産熱量の40%以上が作られている。
よって、運動不足や筋肉労働の不足は、体温を下げ、血液循環を悪くし、糖や脂肪の燃焼を妨げ、尿酸、乳酸、ピルピン酸などの老廃物の燃焼・排泄を悪くし、結局は血液を汚すことにつながる。

関連記事