#熱の伝達

熱の移動、すなわち熱の伝達にはどのような種類があるのでしょうか。それは大きく3種類あります。この移動、伝達という現象によって、エネルギーを渡す側と受ける側が存在することがわかります。

熱伝導
熱いものをつかむときに使う火箸を例にとれば、燃えている薪や炭などを挟むことができます。それは、火箸の先は火傷するほど熱くなっていますが、火箸の持つところは時間と共に温かくはなってきますが触れます。これは火が当たっているところからまわり(火箸の持つほう)へと熱を伝えています。このような現象を熱の伝導といっています。
これは異なる物との間で熱が伝わることを熱伝達といい、それらが接触している場合、伝わり方は熱伝導となります。

対流
火や炭火からは勢いよく煙が上りますが、暖められた空気は軽くなり上に行き、冷たい空気は暖かい空気より重いため下に移動して暖められます。これを繰り返しだんだんに全体が暖まります。海水の場合も同じような現象が起こっています。このように熱によって起きる空気や水の流れを熱の対流と言っています。

放射
熱の伝導も対流も火箸や空気のような熱を伝える媒体が必要です。しかし放射はまったく違います。熱が光(電波)に形を変えて伝わるのが放射です。火や炭火からは目に見えない光が出ており、それが対象物に当たると元の熱の形に戻ります。この現象は、真空の宇宙空間で起きている現象で、媒体を介さない放射によってだけ熱が伝わります。最近よく耳にする遠赤外線などもそれです。

関連記事