体を温める理想的な方法とは?

昔から体を温めることはいいことであると言われてきています。また、本屋に行けば「体を温めれば~」などのタイトルの書籍が並んでいます。

昔は、湯たんぽ、コタツ、銭湯、サウナ、温泉などを使って体を温めようとしました。最近では、岩盤浴、よもぎ蒸しなどがあります。

しかしながら、全てにおいて体の外側から温める方法で皮膚や心臓に負担が掛かります。湯たんぽを使った怪我も多く見られます。

銭湯や温泉は水圧もかかってくるtので非常に心臓に負担が掛かりますので長時間の利用は好ましくありません。そこで心臓に負担をかけないようにと

半身浴というのがありますが、これも体の外側から温めます。サウナ、岩盤浴、よもぎ蒸しも汗を大量にかきますので疲れた体での利用は帰って疲労蓄積につながりかねません。

このように体を温めることはいいことと言われてきながら、手間が掛かったり着替えたり水分補給したりとなにかと面倒な割にはしっかり体の芯まで温まらないというのが正直のところでしょう。

このようになかなか手軽でしっかり体のコアまで温める方法が見つからなかったのですが、やはり21世紀にもなるとそれを叶えるものが登場してきます。

服を着替えることなく、心臓に負担をかけずに、ただ座るだけ、ただ横になるだけで体のコアが温めることができる逸品があります。

「よもぎスパ」で検索するとでてきます。健康管理・維持にと今話題となっています。

体のコアをしっかり温めたい方は、一度試してみるといいかと思います。

関連記事