アホエン

アホエン (ajoene) はニンニク (Allium sativum) に含まれる化合物の1つである。名称と発音はスペイン語でニンニクを意味する “ajo” に由来する。(ウィキペディアより)

研究により、医療用途に適用が可能と考えられる様々な性質を持つことが示されている。例えばスーパーオキシドアニオンの発生を抑え、抗酸化剤として働くことが知られている。抗血栓剤(抗凝固剤)としての作用も持ち、血液中の血小板が血栓を起こすのを防ぐことにより、心臓病や脳梗塞の危険性を減らすとされる。また、広範な適用範囲を持つ抗菌剤(抗細菌剤・抗真菌剤)でもあり、カンジダ症(カンジダ属を原因菌とする皮膚感染症)の予防や水虫の治療に役立つとされる。微小管の細胞骨格に作用することによって腫瘍細胞の増殖を抑えることも示されている。

ahoen

 

 

無臭・生にんにく「めいらくアホエン」

 

 

 

関連記事