ラッキョウ

ラッキョウは、主に東南アジア、中国、日本で栽培され食用とされてきた。

主な成分は、アリイン類、ジスルフィド類(揮発成分)、フラボノイド類(色素成分)、 食物繊維であるが、タマネギと合わせて炒めるとラッキョウの血液さらさら効果が、なんと約80倍に高まるとされている。さらに、冷え性、肥満を改善する効果が期待できるといわれる。

他にも、ラッキョウに含まれるフラボノイドにはガン細胞を死滅させる物質の働きを強める作用があることもわかってきている。

カレーに福神漬けとともに食べるラッキョウの組み合わせは、非常によいといえる。ラッキョウを使ったレシピに注目したい。

 

 

 

 

 
  血液サラサラ健康食品・鳥取砂丘ラッキョウ3種詰合せ

  

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*