ビタミン

ビタミン(vitamin)は、生物の生存・生育に必要な栄養素のうち、炭水化物やタンパク質、脂質、ミネラル以外の栄養素であり、微量ではあるが生理作用を円滑に行うために必須な有機化合物の総称である。ほとんどの場合、生体内で合成することができないので、主に食料(植物や微生物、肝臓や肉など)から摂取される。ビタミンが不足すると、疾病が起こったり成長に障害が出たりする(ビタミン欠乏症)。

ビタミンの機能としては、多くは生体内で酵素がその活性を発揮するために必要な補酵素として機能する。よってビタミン欠乏症に陥ると、ビタミン類を補酵素として利用する酵素が関与する代謝系の機能不全症状が現れてくるようになる。

ビタミンは、脂溶性と水溶性とにわけられ、脂溶性ビタミンは、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、 ビタミンKなどで、水溶性ビタミンは、ビタミンB群(B1、B2、B3、B5、B6、B7、B9、B12)、ビタミンCなどである。(ウィキペディアより)

 

関連記事