夏場の過ごし方

今年も夏本番となりました。暑さで食欲がなくなる夏でもあります。ここで気をつけないといけないのは、基礎代謝量(意識しなくても身体が自然に消費するカロリー)が低下することです。

これはよく言われるように、年間を通じて夏の暑い時期は、外気温が高くなり熱を身体が生み出さなくても済んでしまうため、基礎代謝量が減少します。省エネモードになるといったほうがいいでしょうか。

このような状態でアイスクリームやビール、そうめんなど冷えたものを食べていると、ましてや現代は夏でもエアコンが聞いていて寒いくらいですから、省エネモードの身体を冷却しすぎて、新陳代謝量をさらに減少させることにつながり、涼しくなったときに省エネモードから抜け出せない身体になり、調子を崩しかねません。

基礎代謝量が落ちるこんなときこそ、温かいものを飲んだり食べたり、半身浴などを積極的に行い、基礎代謝を上げるようにしておくべきです。
夏の終る秋口に体調をくずさないためにも、夏こそ身体(体内)を温めることを忘れないようにしたいものです。

 

関連記事