多剤耐性緑膿菌

最近、ニュースなどで取り上げられるようになった「多剤耐性緑膿菌」ですが、抗生剤がまったくきかないなどど言われていますが、正しい認識が必要かと思われます。

国立感染症研究所 感染情報センターの資料によると次のように説明されています。

多剤耐性緑膿菌の学術名称は、Multi-Drug Resistant Pseudomonas Aeruginosaであり、略してMDRPやMDRPAなどとも呼ばれ、最近、マスコミなどで取り上げられ、話題になった耐性菌です。(以後、MDRPという略語を用いる。)

名前のとおり、現在、治療薬として使用が認められている多くの抗菌薬(抗生物質+抗菌化学療法剤の総称)に多剤耐性を示します。そこで、多剤耐性緑膿菌による肺炎や敗血症などの病気を発症した場合、抗生物質などの効果が期待できず治療が困難になるため、医療関係者の間で近年、警戒感が高まっている耐性菌です。

 ただし、 「多剤耐性緑膿菌」であっても、健康な人の場合は、病気を発症する事はありません。つまり、 「多剤耐性緑膿菌」を持っている患者さんに健康な人が触って
も何もおこりません。また、健康な人から万一「多剤耐性緑膿菌」が検出されても、特段の治療や対策は必要ありません。さらに、一般家庭では、入浴や排便などの際に
もなんらの生活上の制約や規制は必要ありません。もちろん、保育所や学校を休む必要はありません。

緑膿菌は、常在菌ですが、「多剤耐性緑膿菌」は、日常的な生活環境や健康人の便などから検出される事はまずありえ無い「特殊な耐性菌」です。そこで、特に医療施
設内で、もし「多剤耐性緑膿菌」が、入院患者さんなどから検出された場合には、菌が他の患者さんに広がることを防ぐ為に、適切な対策が必要とされています。

なお、体力がある程度維持されている患者さんでは、 「多剤耐性緑膿菌」が感染しても、必ず死亡するという事ではありません。また、抗菌薬を使わなければ、「多剤
耐性緑膿菌」であっても、やがて自然に菌数が減少し、最終的に消滅しますので御心配はいりません。

 

以上のように、健康な人の場合は、病気を発症することはないとのことですので、一安心です。

昨年流行した新型インフルエンザにしろ、多剤耐性緑膿菌にしろ、やはり常に「健康な体を維持すること」が大切でありましょう。

それは、体温を常に36.5℃以上に維持すること、365日持続させることが健康な体につながるということもできるでしょう。

 

関連記事