冷えは万病の元

夏は、暑い暑いと冷たいものを飲んだり食べたりしがちですが、今年は異常なまでに長期間暑い日が続いているため、涼しくなったときに体調を大きく崩す恐れがあると思われます。

昔から「冷えは万病の元」とよく言ったもので、ことわざや格言などは、昔の人たちの生活の中から生まれた戒めのことばでもあります。「医学の父」、「疫学の祖」といわれるヒポクラテスも約2,500年前に体を温めることが重要であると言っています。

冷たい空気、冷たい飲み物、冷たい食べ物は体内を冷します。特に空洞となった体の器官は冷えやすいといえます。外気温が高く暑いため冷たいものを体内に取り入れる機会が多いほど体の内側から知らず知らずのうちに冷えがちです。

低体温だと免疫力も落ちると最近よく言われます。常に体を冷さないように努めたいものです。

関連記事