放射性ヨウ素

一般的にワカメなどに含まれるミネラルであるヨウ素(ヨード)がありますが、今言われている原子力発電所から放出されるもののなかにヨウ素はヨウ素でも「放射性ヨウ素」というのがあります。
これは、読んで字のごとく放射能を帯びたヨウ素ということを示しています。
これには、ヨウ素131(半減期8.06日)とヨウ素133(半減期20.8時間)があり、ウランの核分裂によって生成されます。原子力発電所の事故では、半減期が短いものの最も注目されます。(より詳しいことは、検索のこと)

よく知られたチェルノブイリ原子力発電所の事故では、大気中に大量に放出され、幼児に大きな放射線障害を引き起こしています。この放射性ヨウ素の特徴としては、甲状腺に集まるため、甲状腺被ばくによる甲状腺機能障害が発生する確率が高まります。

また一方で、放射能を放出するヨウ素131は、医療用としても用いられ甲状腺機能検査、甲状腺機能亢進症や甲状腺ガンの治療に用いられています。

たとえば、画像検査では、患者の体内に少量の放射性ヨウ素を投与し、放射性ヨウ素が甲状腺細胞や一部の腫瘍の内部に集積するのを利用しスキャナでの検出が可能となります。

甲状腺がんに対する治療の場合は、大量の放射性ヨウ素を投与し、それによって甲状腺細胞を殺傷します。

関連記事