#振動による発生エネルギー(2)

振動には宇宙からのエネルギーを受け入れやすくするという効果もある。
体をぷるぷる振動させるということは、細胞と細胞を摩擦させることでもある。細胞と細胞が摩擦すれば、熱を持ち体は熱くなる。そのことにより、私たちは体をリラックスさせることができる。

振動をさせ、細胞と細胞を摩擦させると、静電気が生じる。静電気は体の中を走り、体を調整する。電気が体中を巡るから、体が熱くなってくるのであり。しかも、振動が強ければ強いほど、静電気はお早く流れる。
よい振動は体を守り、健康にしてくれる。
振動によって、体の中の悪いものは全部下に下りる。頑固な便秘など、あっという間に解消する。
『ぷるぷる健康法』より


関連記事