日本ではヨモギ蒸し?よもぎ燻し?

「よもぎ燻し」というとあまり、いや、聞きなれない人が多いかもしれない。「よもぎ(もぐさ)蒸し」なら知っているし、体験したこともあるという人が多いでしょう。体験したことがある方はご存知でしょうが、「よもぎ蒸し」は正直いってけっこう面倒なことが多いのが実情でしょう。もともと日本にあった習慣ではないので中国、韓国の「よもぎ蒸し」をそのまま取り入れたのでは日本で昔からの習慣ならまだしもそうでないのでなかなか適応できないでしょう。

服を脱いでマントのようなものを着て、じっとしていなければんらないのもなかなか大変なものです。時間的に余裕がなければゆっくりもできない。時間のたつのを待つという気持ちにもなりかねないかもしれません。地震の多い日本で急に非難しなければならない状態になったらどうしようかと考える人も少なからずいることでしょう。

日本に昔からあった習慣でないことと、これだけ社会がグローバル化した現代において他国で手間のかかる昔ながらの「ヨモギ蒸し」を行うというのはなかなか受け入れがたいものがある人も多いかと推測されます。

「蒸す」方法は、その風土(気候)にあったやり方で水分の不足を補いながら行い、「ヨモギ蒸し」が終わった後も乾燥した大陸性気候により室内や家具類などがすぐに乾いてくれるので都合がいいのですが、周りを海で囲まれ日陰に行っても暑く感じる湿度の高い気候の日本では「蒸す」方法はあまり向いていません。

湿度の高い日本には「燻(いぶ)す」方法が適合します。が、「どこにそのサービスがるの?」という声が聞こえてきそうです。日本人にあった「ヨモギ燻し」のサービスを提供しているのが銀座にあります。銀座では密かなブームとなっており、超多忙な人も手軽に利用できるのがその秘密。銀座に来たら必ず寄るという。
→ 184347.com(ヒエヨサヨナラ)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*